top of page
  • 執筆者の写真Beyond Media

かつての現実は戻ってくるのか

writer Randy Wagenheim Chief Columnist of Beyond Media


誰もが考えているであろう大きな疑問、「かつての現状に戻ることはあるのか?」


その答えは現段階では明確ではないかもしれない。


結婚式などのお祝い事を開催したり、コンサートに行ったり・・・先延ばしでもよいかと考えてしまう。


ここにアメリカの状況についての予測がある。感染症の専門家たちの純粋な予測がある。要約しておきたい。


私たちの生活はいつ元に戻るのか?

COVID-19は前線での戦いから、友人や家族との社会的な距離の取り方まで、私たちの日常生活を大きく揺さぶった。


愛する人とハグすることや、旅行にでかけることまで、あらゆることが不明確だ。


上記のグラフィックは、ニューヨーク・タイムズが米国とカナダの511人の疫学者と感染症専門家のインタビューから得たデータを使用し、彼らがいつ典型的な活動を再開すると予想されるかについての意見を視覚化したものだ。


疫学の専門家たちは一般的な日常活動をいつ頃から再開するかという20項目の質問を受けている。


この質問に対する回答は、最新の公的に入手可能で科学的な裏付けのあるデータに基づいており、各地域のパンデミック対応計画の前提に基づいて様々なものとなっている。それぞれの地域での治療法や検査率によって回答が変わることにも言及している。


今年の夏に、あるいは1年以内に立ち上げたいと考えている活動は以下の通り。

調査対象者の56%が夏が終わる前にドライブ旅行は可能だと考えており、アウトドアへの衝動は非常に明確。


一方、31%の人はこの夏、ハイキングに行ったり、友人とピクニックに行ったりすることができると感じている。むしろ「新鮮な空気、太陽、社交性、健康的な活動」の必要性を挙げています。


公共交通機関を利用する旅行は、飛行機や電車、自動車などであるかどうかにかかわらず、保留にしている回答が多かった。疫学者の多くはまた、パンデミックが人間関係に与える影響を嘆いている。


一方で、当分の間はリスクが大きすぎてできないと考えている活動は、結婚式やコンサートへの参加。1年以上先延ばしにするべきだと感じている人が多いようだ。


おそらく最も驚くべき点は、疫学者の6%がパンデミック後の挨拶として、ハグや握手はもう期待していないということである。これに加えて、半数以上の人が少なくとも来年まではマスクが必要だと考えている。





閲覧数:25回

最新記事

すべて表示
bottom of page