top of page
  • 執筆者の写真Beyond Media

ニューヨーク証券取引所の場立ち再開:NY知事がオープニングベル

writer Makoto Kikuchi from note

5/26

昨日はメモリアルデーでした。という事は夏がそろそろ始まると言う事です。衣替えのタイミングでもあります。


今日証券取引が再開しました。今日開始ベルを鳴らす名誉を頂きました。証券取引所もSocial Distanceを取れるように形態をかえました。そのような賢い再開をしていきましょう。


(途中省略)


二つ目の道。


②再開への援助を惜しまない


今日は経済にとって新しい1ページ目です。どっかりと落ち込んだ経済ですので、ささっと戻ってほしいですよね。バスケットボールがバウンドするように。

私はボールはただバウンドして戻ってくる訳ではないと思います。


●(経済の)上層部は問題ない いつだってそうです。彼らに助けはもう必要ない。


●この国の労働者、small businessesが傷を負う ここにリソースをふんだんに注ぎ込むんです。

過去を振り返りましょう。

フーバーダム リンカーントンネル マイアミ〜キーウエストの海上高速道路


この国の公共建築インフラは酷い状況です。ここ最近の大統領は全員この事を言及しています。しかし誰も、何も、やらなかった。


今、時は満ちたんです。

今です。

NOW IS THE TIME TO BUILD


インフラの使用頻度が低い、と言う意味でも今が最適です。


NYには現行のインフラ事業があります

ペンステーションの改装工事、Enpire Stationプロジェクトは1万4500の職を産みました。 ラガーディア空港の階層工事は8000の職を産んでいます。

いま使用頻度が低いこれらの場所のプロジェクトを加速します。

閲覧数:2回

最新記事

すべて表示
bottom of page