top of page
  • 執筆者の写真Beyond Media

州ごとの支援に大きな開き:NY知事

writer Makoto Kikuchi from note


5/28

今日はブルックリンです。

父はクイーンズ、母はブルックリン出身でしたので、ブルックリンも思い出深い場所です。


(途中省略)


昨日ワシントンDCに行き、大統領や連邦議員達と話をしてきました。


私見です。


州の役割は理解しているつもりです。


では連邦の役割とは?


連邦は今まで大企業を援助してきました。それでは警察、消防、教育、医療は誰が援助しますか?州がします。連邦は州を援助するべきです。


政治ネットワークで政府支出を決めないで下さい。事実を見て、被害の大きい州にそれ相応の援助を分配して下さい。それが本当の意味での経済復興です。現在州ごとの援助額、陽性者一人当たりで計算するとひどく開きがあります。


(*アラスカは一件当り$3.3mil、NYは一件当り23K。142倍!)



連邦は経済を「活性化」”Revitalize"すると言っています。それでは大企業だけではなく、中小企業への援助も。


そして未来へのビジョンと計画を明確にして下さい。BBB。Build Back Better。


パンデミックを利用して人員削減をした企業には援助はいらないはずです。

そして、公共インフラ建築に資金を投入して下さい。それが雇用を産みます。


私達はUNITED STATESです。青も赤も忘れて、国民の為に尽くして下さい。

閲覧数:5回

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page