top of page
  • 執筆者の写真Beyond Media

香港国家安全法にみる中国の対米姿勢

writer Randy Wagenheim Chief Columnist of Beyond Media

香港に対する中国の主権については、柔軟な思考力を持ち、その力関係を理解することが重要だと私は思う。


安易なアメリカvs中国という、構図を示す報道にも注意が必要だ。


具体的には、誰がどう利益を享受しているかを考えたい。香港での民主化抗議デモは、ある種、極右的なものであり、彼らの利益のためアメリカからの大きな支援があることは周知の事実だ。


ジャーナリストのAjit Singh氏の見方が興味深い。彼は香港の民主化運動などの問題に焦点を当てているジャーナリストだ。 彼のツイッターではこの問題に関連して、欧米のメディアが指摘していない包括的で根本的な疑問を提示している。


今起きているのは

"香港の国家安全保障法は米国政府の政治団体への資金提供を標的にしている"

ということだ。


彼のツイッターは、「香港の抗議者が誰であるか、彼らの右翼の同盟者が米国にいるか」などについて言及している。そして幅広い非プロパガンダ的なアプローチを示す鋭い分析を持っている。 今のところ、単なる反中国ではなく、冷静な判断に基づく反中国である西洋のメディアを見つけるのは難しい。


香港での抗議デモとその指導者を評価するうえで、「親民主主義」根底にある思想と倫理観を知ることは重要なことである。


On this topic of Chinese sovereignty over Hong Kong , I think it is important to be a flexible thinker and understand the forces at play.  I caution a lot of dubious reporting that is playing into a newly birthed US vs China cold war situation.Specifically, the pro-democracy protests in HK are aligned with far-right, there is major backing from the US to preserve an imperialist agenda in their interests.  Ajit Singh is a journalist who has a focus in these matters.  This thread in particular he presents overall fundamental questions which are not addressed by anyone in the West as it relates to this matter.  The main point of what is now happening is

"Hong Kong's national security law targets US government funding of political groups."


His twitter in general if you scroll through has sharp analysis showing who the HK protesters are, who their right wing allies are in the US, and overall a wider non-propaganda approach to the topic.  It is hard to find any western media that is no hook line and sinker anti-china right now. https://twitter.com/ajitxsingh


The underlying ideology and ethos of "pro-democracy" protests and leaders of this in HK are important to appreciate.

閲覧数:8回

最新記事

すべて表示

Commenti


I commenti sono stati disattivati.
bottom of page