top of page
  • 執筆者の写真Beyond Media

2m→1mへ イギリスの距離短縮論争

Wataru Nakamura TV Tokyo London bureau

イギリスといえばパブ。少しリポートしました。 めっちゃ下手ですがナレーションもやってみました。自宅録音です…アナウンサーの皆さんはやはりプロだと実感です。


何はともあれ7月4日に”パブ復活”です。

今回、いつも街リポで背負っている「リュック」や「マイク」に続き、新しい武器を入手しました。

サムネイルで使っている「巻き尺(メジャー)」です。 イギリスではパブ復活に向けてソーシャルディスタンシング(星空のディスタンスじゃないよ)が今までの「2m」から「少なくとも1m」になるので、実際に2mってどのくらいかを測りに行ったのです。

驚きました。

知ってましたか? 「2m」って「1m」の倍もあるんです。

いやーびっくりした。 倍ですよ倍。

取材した店のオーナーのアリさんも驚嘆してましたよ。 新たな武器である「巻き尺」はドラクエでいうと、ひのきの棒よりも攻撃力は弱いです。

でも「測ること」と「巻くこと」に関しては右に出る者はいません。 VTRの中では測ってばっかりです。

測ったとて何か未来の事象が変わるわけではないのですが、馬鹿の一つ覚えのように測っています。

ただ、今回は全然巻いていません。 これでは到底、巻き尺の良さを生かしているとは言えないわけです。

そこで、次回は巻きまくろうとおもいます。 何を巻きましょうか。 まあ何が言いたいかっていうと、みんな街中で距離を全然守ってないよということです。

取材中もつい握手をしようとしてくる人が増えた気がいたします。

そんなときは巻き尺片手にいってやります。 「密です!」

…巻き尺関係なくなっちゃいましたね。

文章が長い?ああ、時間を巻けってことですね。 そいつは失礼いたしました。

ま、気長に行きましょうよ。 ではまたどこかで。

閲覧数:21回

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page