top of page
  • 執筆者の写真Beyond Media

NYクオモ知事会見 -- カギは大量検査

writer Makoto Kikuchi from note

4/15

想定していた最悪の医療負荷までは行かずに安定しています。全てのフロントライン従事者と連邦政府に感謝します。例えばJavitsセンターには2500台のベッドがありましたが、今の所800台の使用に留まっています。陸軍工兵隊に感謝します。


感染拡大はとりあえず安定。今から次の段階への架け橋を作ります。

今日から明日への架け橋。そして明日とは「New Normal」。前とは違う社会。

公衆衛生が、環境が、経済が、市民権が、人権が、社会正義が、前とは違う社会。願わくばより良い社会です。


「いつ終わりなのか」。個人的にはワクチンの開発で終了。それは12-18ヶ月後と言われています。ニューヨーク州はこのワクチンの開発に関して、連邦政府に全面協力いたします。

ワクチンが完全な終焉ですが、それまでの間の治療法の確立も重要です。

●血清治療 ●抗体検査 ●ハイドロキシクロロキン(*科学的根拠もないのに大統領が一押しの薬です。)。これに関しても政治的なドラマが渦巻いていますが、私達は科学者の検査の結果を待つだけです。

治療法確立まではどうするか ●段階を踏んだ再開 ●公衆衛生を優先 ●ゆっくりと経済活動開始


再開への鍵は検査。 検査ー追跡ー隔離。

検査の種類 診断 抗体検査 唾液検査(より早く簡易、開発中) 指刺検査(簡易、開発中) 採血検査

検査器 検査場(現在は病院だが理想的な検査場ではない) 検査試験所

などの課題があります。


かいつまんで言えば、大規模にやる能力は私達にはまだありません。


今まで500,000ほどの検査を州で行いました。他の州や他国と比べても飛び抜けて多い数ですが、NY州は19,000,000の人口ですのでまったく足りていません。

連邦政府の援助が確実に必要です。・・・もっと読む



閲覧数:5回

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page