top of page
  • 執筆者の写真Beyond Media

NYクオモ知事会見 -- New York Lovesプログラム

更新日:2020年4月19日

writer Makoto Kikuchi from note

4/9

PAUSE法から18日です。 NY最初の陽性発見から39日。 米国最初の陽性発見から80日。

3/31付けの連邦政府の予測では 150万人~220万人(最悪のケース) 10万人~24万人(最良のケース) の犠牲者。


NYは複数の入院者数(ベッド数)予測モデルを参考にしています。 13万6千(コロンビア大,3/29予測) 5万5千〜11万(マッキンゼー) 7万3千(ゲイツ財団IHME,4/1予測)


NY州の平常時医療システム許容量は5万3千(市内3万6千)。 現在は1万8千人が入院。

医療機関の甚大な容量増幅の努力と連邦政府の援助で、許容9万まで上げました。

知事としてのモットーは「最悪の事態に備え、最高の事態を望む(prepare for the worst, hope for the best)」ですから、私はいつでも最悪ケースを見ています。


(途中省略)


このウイルスを見くびってはいけない。このウイルスは強敵です。昨日の死亡者数は

799名。過去最高です。


新規入院者が減少している中で死亡者数が上がるからくりは分かります。長い間人工呼吸器につながれていた患者さんが力つきて亡くなっているという事です。分かるんです。でも、799。

4/3 630 4/4 594 4/5 599 4/6 731 4/7 779 4/8 799


葬式関係の役所員を増やさなければならない状況です。知事としてこんなオーダーを出す事になるなど、夢にも思いませんでした。私は9/11を体験しているんです。2,753の犠牲者。あの時に「こんな事は2度とあってはならない」と心に誓った。現在新コロナでの犠牲者は

7,067名


言葉もない。


9/11の時だって「こんな痛みがあっていいのか」と思った。いま、この無音の爆弾が9/11の時と同様の偶発性と凶悪性を伴って瞬く間に広がった。

———— なにが出来る?


New York Lovesプログラム 州政府外部からの寄付や慈善活動援助を統合し、適所に配分するプログラムを立ち上げました。

罹患者の人種差を見据えましょう。黒人/ヒスパニック系により多くの罹患者が出ています。様々な理由がありますが、どれが、どの位作用して、それを改善するには何をしたらよいのか研究します。・・・もっと読む

閲覧数:2回

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page