top of page
  • 執筆者の写真Beyond Media

TIKTOKの行方やいかに・・・

writer Randy Wagenheim Chief Columnist of Beyond Media


アメリカのドナルド・トランプ大統領は8月6日、中国企業が運営するTikTokとWeChatについて、45日間の猶予期間を設けた上で、今後米国内での取引を禁止するという大統領令を出した。


現在、TikTokについてはマイクロソフトやオラクルなどのアメリカ企業による買収交渉が進められている。しかし、合意に至らなかった場合はアメリカから完全に撤退する他ない。


今回の大統領令はアメリカのユーザーの保護や中国による監視を逃れることを目的としているものではなく、アメリカで成功している中国のプラットフォームをピンポイントに狙っているという感が否めない。


マイクロソフトによる買収交渉は、ある意味、(言い方は悪いが)アメリカ政府による「恐喝」みたいなものではないかと思う。


つまり、トランプ大統領がマフィアのボス(または最高指導者)として、あからさまに執行権限を使って、政策という名の「恐喝スタイル」を使ってTikTokに米国版をマイクロソフトにスピンオフさせるという前代未聞のことをやろうとしている。 これにより、アメリカ政府は銀行手数料の直接のパーセンテージを要求しようとしている、という構図だ。


実際、この大統領令には曖昧な部分も多く、最終的には誰にとっても利益を得るものではなく、むしろアメリカにとっても損失が大きいのではないかとみられている。


関連ニュース:


The "deal" redefines the role of government, providing funding source from global extortion of private industry.  This analysis asks is this strategy of government via piracy ultimately a losing one for everyone?  What Trump is attempting with Microsoft is that the U.S. treasury should get a cut as a broker (usually the role of an investment bank) "because we’re making it possible for this deal to happen." Unprecedented because in this case, Trump using executive authority overtly like a mafia boss (or a supreme leader) using extortion style policy to force TikTok to spinoff the US version to Microsoft.  By allowing this to happen, the US government demands a direct percentage of the banking fees.

閲覧数:16回

最新記事

すべて表示
bottom of page